NOTES

Tokinouta

Tenniscoats
mk34
Format
44.1kHz/16bit
Label
majikick
Release
2011-01-01
Price in
*approximately. Confirm original price in JPY.
You need to sign up before download / purchasing items.
フリーDL/音源購入には会員登録が必要です。
STREAM
BUY
[ WAV / MP3 ]
All Tracks
  • ¥980
  • $9.28*
  • €7.9*

TRACKS

1 Temporacha
てんぽらちゃ
00:03:36
2 Amepara
雨パラ
00:03:07
3 Oide no Umi
おいでの海
00:06:01
4 Doun Doun Doun
ドゥンドゥンドゥン
00:03:23
5 Sabaku
砂漠
00:04:52
6 Kuki no Soko
空気の底
00:05:33
7 Mori wo Nukeru Mori no Umiga
森を抜ける森の海が
00:02:45
8 SvS
SvS
00:02:28
9 SvS2
SvS2
00:02:54
10 Tamashi
タマシー
00:04:24
11 Hikoki
ひこうき(-O)
00:07:58
12 Sappolondon
さっぽろどん
00:04:17
13 Ento2
遠投2
00:05:21
14 Kazana
かざな
00:02:46
15 Ento
遠投
00:04:56

In 2007, Ueno exchanged his Electric Guitar to Classic Guitar and since then Tennicoats has played in Acoustic set. This album, Tokinouta is the only one album which was performed by just Saya and Ueno. When Tenniscoats went to Osaka for liveshows, they recorded at the studio of the engineer, Bunsho Nishikawa. It took 1-2 years for all recordings.

In April/2011, this album was released. It was just after the big Tohoku Earthquake in 11/March.

In this time, Bunsho Nishikawa re-masterd for this appearance.


Artwork by Yuzo Murano


2007年、植野隆司はそれまで演奏してきたエレキギターを突如クラシックギターに持ち替え、それ以降、テニスコーツはアコースティック編成で活動しました。この、ときのうた、はこのアコースティック編成でさやと植野の二人で演奏した唯一の作品ですが、沢山の人との共作曲が詰まっています。' 二人はライヴのように演奏し、隙間も多く、自由さと緊張感が生々しく響きます。' ー weird-meddle recordsページより

大阪に行く度、エンジニア西川文章のスタジオを訪れ録音、その期間は1年~2年に渡りました。

2011年、日本では東日本大震災が起こり、その直後の4月にリリース。

この度、同エンジニア西川文章により、リマスター盤となって登場です。



〜 曲解説 by さや 〜


てんぽらちゃ

知り合いのお姉さんが子どもの時に宙をみて交感し、手を広げててんてんと舞を踊っていた話を聞いて、秋の天使のイメージで書きました。


雨パラ

植野隆司の作で、プカプかブライアンズ 3rdアルバムに入っている曲のカバーです。


おいでの海

すらすらと出来、長い期間演奏した思い出深い曲です。


ドゥンドゥンドゥン

Tapeのヨハンが面白いメロディと言ってくれました。言うことがなくて、ドゥンドゥンと歌いました。


砂漠

この曲もTapeと演奏しました。間奏のキーボードのメロディはTapeのトーマスがリコーダーで考えてくれたものです。


空気の底

梅田哲也くんが、タイトルとサビの歌詞をくれました。そこからイメージを広げました。


森を抜ける森の海が

先に、並木大典くんの歌詞があり、それに曲をつけました。詩から作るとやさしい曲になる気がします。


SvS

渋さ知らズ、みたいなメロディを作りたいと思って書いたので、タイトルは略してつけました。


タマシー

びびちゃんの詩を一言一句削らないように作ったので、このように珍しい節回しの曲になりました。


ひこうき

ロンドンのさわひらきくんの映像作品とその飛行機のイメージを詩にしました。

Cafe OTOで隣に座っていた女の子と友達になり、彼女が書いていた詩からインスパイアされてMo―と歌いました。この曲もTapeと演奏しています。


さっぽろんどん

札幌でweird-meddle record近くのリハスタに入った時にピアノで作りました。ロンドンは、何でかな?


遠投

遠距離の人を想う気持ちの曲です。


かざな

四国の松山に行った時、工藤冬里さんに連れていってもらった風穴という場所があり、そこにヘビが寝ていたので、それを歌にしました。文章くんのギターが小さく鳴っています。