NOTES

WABISABI CLUB

WABISABI CLUB
Format
44.1kHz/24bit
Label
minna kikeru
Release
2020-10-04
Price in
*approximately. Confirm original price in JPY.
You need to sign up before download / purchasing items.
フリーDL/音源購入には会員登録が必要です。
STREAM
BUY
[ WAV / MP3 ]
All Tracks
  • ¥800
  • $7.67*
  • €6.42*

TRACKS

1 dorodoro
どろどろ
00:04:07
2 town
00:06:13
3 distorted copy
いびつなコピー
00:05:22
4 wanna be like your eyes someday
君のような目にいつかなりたい
00:03:19
5 peanuts
ピーナッツ
00:05:34
6 thoroughbred foal
サラブレッドの仔馬
00:02:41
7 melancholic shadow
メランコリックシャドウ
00:04:29
8 struggling and dying man
あばれて死ぬ男
00:06:06

三沢洋紀たちの新バンドによる新作が到着です!コラボレーション的なバンドかと思いきや、瑞々しく溢れるアイデアと、意表を突きつつも不思議と馴染むプレイが散りばめられた名作が誕生しました。よだまりえのボーカリぜーションにも注目です。


わびさびくらぶは、2018年横浜のライブバー「試聴室その3」に出入りしていたメンバーたちに三沢が声をかけて結成。

「なるべくいびつなバランスで、なるべく誰も目指さない場所で鳴っているうたが聴きたい」をテーマにライブを数回行う。

その後に2019年2月から録音を開始して、丸1年かけてつくりあげたのが本作品であります。


メンバーは三沢洋紀(ギター、コーラス/ex LABCRY)、マルコス·フェルナンデス(シンセサイザー)、岡田了(ギター/from EXTRUDERS、他)、よだまりえ(ボーカル、ピアノ)、佐京泰之(録音、ミックス)。


「よださんの素朴でピュアで凛とした歌声と、岡田くんの極上の幽霊のようなアンビエントノイズギターに、マルコスさんのグリッターなシンセサイザーがとてもいびつに混ざりあって、とてもくせになるサウンドになりました。とにかく長い時間録音とミックスを念を入れてやってくれた新鋭サウンドプロデューサーの佐京くんのおかげです。佐京くんがいなければまとまりませんでした。」(三沢談)


「わびさびくらぶ」

1、どろどろ

2、町

3、いびつなコピー

4、君のような目にいつかなりたい

5、ピーナッツ

6、サラブレッドの仔馬

7、メランコリックシャドウ

8、あばれて死ぬ男



作詞/作曲:三沢洋紀(M-1.2.3.5.6.7)

作詞:よだまりえ/作曲:三沢洋紀(M-4)

作詞:三沢洋紀/作曲:よだまりえ(M-8)


録音、ミックス:佐京泰之(2019年2月~2020年2月@日ノ出町試聴室その3)


ジャケット絵:星葡萄


わびさびくらぶ

三沢洋紀:ギター、コーラス

マルコス·フェルナンデス:シンセサイザー

岡田了:ギター

よだまりえ:ボーカル、コーラス、ピアノ(M-4.8)、ピアニカ(M-1.2.3.)、

佐京泰之:録音、ミックス、ベース(M-8)、ギター(M-1)、サウンドエフェクト、


ゲスト

石原敦子(from 石の寝床):コーラス(M-1.2.3)



わびさびくらぶ / WABISABI CLUB


In 2018, Misawa found the members who were hanging out at the live music bar "Shichoshitsu sono3" in Yokohama and formed this band.

WABISABI CLUB had several live performances under the theme: "I want to listen to songs that are being played in a place which almost nobody is heading for, with the balance as distorted as possible."

Then, recordings were started in February 2019, and it took a whole year to create this work.


Members are Hiroki Misawa (guitar, chorus/ ex LABCRY), Marcos Fernandes (synthesizer), Ryo Okada (guitar/ from EXTRUDERS, etc.), Marie Yoda (vocals, piano), Yasuyuki Sakyo (recording, mixing, sound effect).


"Yoda-san's simple, pure and dignified singing voice, Okada-kun's finest ghostly ambient noise guitar, and Marcos-san's glitter synthesizer are all mixed together in a very deformed way, making it very addictive sound.

Especially, I'd like to express my gratitude to Sakyo-kun, a rising sound producer who has devoted himself recording and mixing this for a long time. Without Sakyo-kun, it wouldn't have been settled." -Hiroki Misawa



"WABISABI CLUB", 1st album

1. dorodoro

2. town

3. distorted copy

4. wanna be like your eyes someday

5. peanuts

6. thoroughbred foal

7. melancholic shadow

8. struggling and dying man


songs & lyrics: Hiroki Misawa (M-1.2.3.5.6.7)

lyric: Marie Yoda/ song: Hiroki Misawa (M-4)

lyric: Hiroki Misawa/ song: Marie Yoda (M-8)


recordings, mixing: Yasuyuki Sakyo, Feb 2019 - Feb 2020 @ Shichoshitsu sono3


cover art: budo-hoshi



WABISABI CLUB:

Hiroki Misawa, guitar/chorus

Marcos Fernandes, synthesizer

Ryo Okada, guitar

Marie Yoda, vocals/chorus/piano(M-4, 8)/melodica (M-1, 2, 3)

Yasuyuki Sakyo, recording/mixing/sound effect/bass(M-8)/guitar(M-1)


guest musician:

Atsuko Ishihara(ishi no nedoko), chorus(M-1, 2, 3)



歌詞カードはこちらへ:

http://misawahiroki.blog.fc2.com/blog-entry-43.html