NOTES

NISSEKI blue

GASOLINE・STAND
Format
96kHz/32bit
Label
osamuosanai (osamuosanai)
Release
2020-12-01
Price in
*approximately. Confirm original price in JPY.
You need to sign up before download / purchasing items.
フリーDL/音源購入には会員登録が必要です。
STREAM
BUY
[ WAV / MP3 ]
All Tracks
  • ¥1,153
  • $11.14*
  • €9.15*

TRACKS

1 feelings, NONAME 00:05:24
2 out of my timeline 00:04:52
3 ippku 00:04:59
4 Forest of TADASU 00:05:16
5 yowaisong 00:05:00
6 Morning Fire 00:05:31

GASOLINE STAND is a solo activity by osamuosanai in the band, Kashikoi Ulysses. This is the first mixtape.

Another person who stays in my heart lives at a gas station (GASOLINE STAND)by the sea in a rural town with a warm climate. Since there are no other buildings, he plays FM radio with a loud noise and dance, and refuel the occasional traveler. It was a resting life created to escape the busyness of reality, but he made music and sent it to reality on this side because his life in gas station was so free. I hope this message will be delivered to people other than me, and I publish this work on minna kikeru.


GASOLINE・STANDとは 賢いユリシーズの長内納によるソロ活動です。 これは初めてのミックステープ(アルバムの一種)。

心の中に住んでいるもう一人の自分はあったかい気候の田舎町の海沿いのガソリンスタンドで生活しています。ほかに建物もないので大きい音でFMラジオを流して踊り、たまに来る旅人に給油する生活。現実の多忙さから逃避するために生み出された安息の生活だったのですが、ガソスタ生活があまりにも暇なので彼が音楽を作ってこちら側の現実に送ってくれました。このメッセージが僕以外にも届けばいいなと思いminnna kikeruで配信します。


"feelings, NONAME"

lyrics

誰も笑わないで欲しい 意味なく笑わないで欲しい

何も面白くはないよ 誰も笑わないで欲しい

決まった時間に起き 決まった時間に寝る

そんな生活を送ってみたいと思いますか

何かの回路が君に埋め込まれているとしたら

何がスイッチになって君は笑いますか

全然浮かばねーこの感情の名前

喜びでも悲しみでも怒りでも嬉しみでも

まだ誰も知らないね僕だけのfeelingだって

今だけは名前から自由になって踊れ

笑いたければ笑っていてもいいけど まじその先に何が待つのか

みんなが一つになる方法なら もう少しマシな方法があるかも

生活には苦しみがあってそれぞれ別れた先のホームで

どうしても逃れられない孤独と向かい合う時間 インターネットボーダレス

一切 期待 したい 将来 見えない 癒えない 存在 問うnight

できない 抗体 flexibleな応対 そう無い 本題 消えていくオンライン

0から9まで飛んでいたよ 10から今まで沈んでたよ

時間が過ぎれば色は変わるけど 明るい場所へは戻っていけないよ

それでも声をあげる 届くかもしれないからいつかは

だから、だから

誰も笑わないで欲しい 意味なく笑わないで欲しい

何も面白くはないよ 誰も笑わないで欲しい

そのままでいいから 感じたままでいいから

忘れてもいいから 君のままでいい

君のままでいい 君のままがいい

君のままがいい 君のままでいい


"out of my timeline"

lyrics

もう答えはでてる もう答えは出てる

君の中に もう答えはある

信じたいものだけ 見ていたいものだけしか

見ていないなら そうもう答えは出てる 意味のない答えが

時代が変わっても、変わらないものもある 盲信的なことが、、ダサいってこととか

人に優しくできるのはなにかに 溺れずに浮き輪になれるってこと、、とか

失うな、、everyday everynight なにも失うな 君の持つコイン

表か裏か まだ決められる 意志で開けよう可能性を

なんてあやふやな歌詞書いて届くのはいつ?10年後?

upする速度と関係なく心と時代の早さに潰される

真っ白な雲の中に隠れて何も見えないが見つかりもしない

浮世離れした 大文字の登頂から 見下ろす僕らの住む街京都の

朝が始まる音がする。でかいボムを落としたい。

遠くに見える町に住む誰かに届けばいいなと歌を下ろす

タイムラインの外には知らない悲劇が

タイムラインの外には知らない悲しみが

タイムラインの外には知らない苦しみが

タイムラインの外から君に語りかける


"ippku"

lyrics

朝のイプク 食後イプク

夜は仕事が終わったらイプク

山でイプク 海でイプク

小さいミルandドリッパーもってく

豆をひくよ キミとイプク キミとイプク コヒでイプク

焼き立ての 豆をひこう ゆげとともに ハイになろう

目指すは雲 マジうかぼう いつかはファームに雨降らそう

いれたての コーヒーを その素敵なカップにも

荒々しい香りと クリーンなカップ どちら飲もう

焙煎の スモークを 吸い続けて ここに来た

手回しの ロースターも すでに二代目 真っ黒〜

朝もイプク 夜もイプク 人生休みが醍醐味だ

恋人と 友達と 一人でも コヒとイプク

コヒとイプク キミとイプク

届けるよ。いい豆焼けたし


"Forest of TADASU"

lyrics

datte

3Dタッチ、力入る どうしてこんな気に入らないの

服が汚れても、気にしない 油断と余裕がめちゃほしい

間近でみたら、ガチで軋んでる 終わった後で する言い訳

脳をスキャンして 切り刻む そこにわたしのソウルは無いが

間近で見ていた記憶が浮かぶ 日の当たる窓辺 痺れる身体

喘息の薬 切れて死にかけだ 小児科で打ち続けた、点滴と

草笛鳴らした鴨川と 何がが違うが今はここにいる

時間の流れは遅いままで 緩やかに死に向かって転がってる

下鴨糺の森の木陰には 1000羽のカラスと僕が潜むただ

風の音と水の音に耳を傾けて 何を食べるかを気にしてる

馬鹿みたいに聞こえるかもしれないが これが生きるってことじゃ無いなら

奇妙な答えを探して今日も 無い羽伸ばすさデルタin京都

吉田町にあるガソリンスタンド それが僕のルーツになった

地元三津浜に置いてきた家族 何を求めてその地へ赴いた

僕は僕でこの地へ降り立って 奇妙な日常の隙間を滑る

大した目的無いまま音楽 世界を変えるチャンスならあるさ

モノラルマインドステレオサウンド かぶれぬペルソナ基本は孤独

捻り出した名がつまりはガソスタ 給油口に突き刺すこの銃口

初めて泳いだ海の底で今も 心が沈んだままで浮かばない

形がなくてもいいように空は 焼きつく彩度で語りかけてくる

遠くに住んでるホーミーと組んで セルフでサーフするロックなシステム

これをヒントにヤバい物作る 燃料はいつでも空気の中に

糺の森が鎮まる夜に 飲み交わしたガソリンまた買うコンビニ

今夜も一人でRECする響き 君に届くまでやるんだイージーに


"yowaisong"

lyrics

外部から語りかける 内部へと語りかける

外部から語りかける 内部へと語りかける

深さに特化してる 強さに飽きてしまえ

深さに特化してる 強さに飽きてしまえ

弱さを受け入れて 遅さで翻弄して

あるいは今ここで もしくはなんだっけ

いつまで強いままでいるの 弱さ受け入れることができないの

足首までつかった波打ち際で 鏡合わせのエゴに突きつけられた刃

比較が君の唯一のイカダそんな船じゃ向こう岸は夢のまた彼方

とりあえず秘密の気持ちだけ持って DO NOT SHARE THIS shit わすれないで

初めて買ったレコードが何を 僕にももたらしたからいうまでもないね

簡単にできることだって最初は 深く考えて優しく扱う

心の中までそんなふうに 見えてくるよなトラックがここにあるそして

明日は明日の風が吹く DO NOTSHARE THIS feel shit 渡さないで


"Morning Fire"

lyrics

いつになればうたえる 孤独な人を癒す音楽

いつになればうたえるかな

どうしても明日が 待ってるのにね

体が邪魔する 昨日への憧れ

いつになれば歌える 孤独な人を守る音楽

いつになれば歌えるかな

lonely

lonely

うれしい

lonely

君といれば大丈夫だったのに それも叶わずに今があるんだろ

同じ時間が本当に狭くて実は窮屈なんだろって思うよ

よかったよきみに出会えて君といれば本当に大丈夫だ

いまはそう思うから心からだからうたおうって思うよ