NOTES

A Rooftop In "S" Thunderstorm Row Missing The Point

Andersens
mkr01
Format
44.1kHz/16bit
Label
majikick
Release
2002
Price in
*approximately. Confirm original price in JPY.
You need to sign up before download / purchasing items.
フリーDL/音源購入には会員登録が必要です。
STREAM
BUY
[ WAV / MP3 ]
All Tracks
  • ¥460
  • $4.43*
  • €3.64*

TRACKS

1 DODESUKADEN 00:08:13
2 AURORA 00:08:32
3 ROCOCO 00:04:11
4 MAGUNESIUM PROVERBS 00:07:49

In 1997, Kiyokazu Onozaki (Tsuby) started private recording in his room. 

In 2001, he started Andersen’s recording by alone and gradually other members joined it. When Tsuby came to Tokyo for the University, He bought PukaPuka Brians’s CD which majikick released.

In 2002, he appeared with recording machine at majikick house and we overdubbed on his recording sources. We cannot stop to listen his pop melody and free, unexpected verses of his songs.


Member: Kiyokazu Onozaki (Vocals, Guitar), Shinsuke Ouchi (Bass), Daisuke Kobayashi (Drums)

Guest : Ueno (Sax, Cralinet), Saya (Vocasl)

Cover Design by Tamioo


1997年、高校生の小野崎清一 (つびー)はプライベートレコーディングを始める。

2001年、アンデルセンズのレコーディングを始め、徐々にメンバーが参加していく。

上京して初めて買ったCDがプカプカブライアンズだったというつびーは、

2002年、オーバーダビングをしてほしいと機材ごとmajikickに押しかけてきました。

天性のメロディセンスと予期のできない自由奔放な展開は痛快でしかありません。


参加メンバー:小野崎清一(ボーカル、ギター)、大内伸輔(ベース)、小林大輔(ドラム)

ゲスト:植野隆司(サックス、クラリネット、トランペット)、さや(ボーカル)

カバーデザイン:タミオー


ーーー


このミニアルバムは、マジキック傘下の’類’というCDRレーベルからリリースされる最初の作品にまります。僕はこれをとても光栄に感じているし、自分のまだ短い音楽活動歴の中で、最も重大な事件だと思っています。作品について自分で説明するのはなかなか難しいので、聴いてくれた人たちが感想や解釈を持ってくれてさらに僕のところに届いたら嬉しいです。


本盤の録音は2002年の1月から約1週間かけて、僕の自宅と近所のスタジオで行いました。メンバーは僕を含めて3人。それぞれがたどたどしいながらも、いろんな楽器にチャレンジしています。僕はレコーディングをとても楽しめたし、他の3人もそうだったはず。


小野崎清一(つびー)ライナーノーツより