NOTES

Dubbing

PukaPuka Brians
mk07
Format
44.1kHz/16bit
Label
majikick
Release
1997
Price in
*approximately. Confirm original price in JPY.
Make a free account today to begin downloading and purchasing!
フリーDL/音源購入には無料の会員登録が必要です。
STREAM
BUY
[ WAV / MP3 ]
All Tracks
  • ¥623
  • $5.49*
  • €4.72*

TRACKS

1 Must Blend In
見た目がハデならダメ
00:02:25
2 Large Female Singer 1
大きい歌姫
00:03:25
3 Fat Sun!
ゆるすぎる太陽
00:00:57
4 Change Chance
チェンジ チャンス
00:01:47
5 Whooo
おちつかなくて
00:03:04
6 Broken Keyboard 1
こわれてるキーボード
00:02:27
7 Giving A Think
気にしたそぶり
00:02:26
8 3 Age 3
3才まで
00:03:45
9 Well, Just Now
あーあ、いまからでも
00:01:57
10 MiLK coLoR Blues
ミルク色ブルース
00:03:46
11 Pass On Singing
調子よくうたってる
00:03:46
12 Large Female Singer (Reprise)
大きい歌姫(リプライズ)
00:02:28
13 Abara
アバラ
00:00:24
14 Hear Nothing Or No Voice
誰の声も聞こえない
00:05:00

This was PukaPuka Brians’s second CD work in 1997.

Like the first album, we recorded in our university club room with using a 4track cassette MTR, then processed and mixed at home.

In addition to Ueno and Saya, Satoru Ono, a junior member of the band, sometimes played bass on this album.

Since there were basically two members, we used rhythm boxes from time to time to give it a cheesier and drier feel.

Ueno's songs were quite good, and I remember all of them well, such as 'Must Blend In' and 'Broken Keyboard'.

The latter half of the album's songs, 'Pass on Singing' and 'Large Female Singer (Repraise)' were recorded by Ueno alone. (Saya)


Performed by Ueno : Vo, Gtr, Ba, Sax, Key, Dr / Saya : Dr, Gtr, Key, Ba, Vo / Satoru Ono : Ba on #3, 8, 10 / Someone : Turn Table on #14


Song and Lyrics written by Ueno Takashi

Cover Drawing by Naomi Murakami


1997年の2nd CD作品。1stアルバム同様、大学のメロディメイカー部室でカセットMTRで録ったものを、家で加工しミックスしました。

植野とさやに加え、このアルバムで大学の後輩である小野暁が時々ベースで参加。基本、メンバーが二人のため、時々リズムボックスを導入し、よりチープで乾いた感じに。植野の曲はなかなか良くて、「見た目がハデならダメ」「こわれてるキーボード」など、どれもよく覚えています。

このアルバムの後半曲「調子よくうたってる」、「大きい歌姫 リプライズ」は、植野一人で録っています。(さや)


録音 二人、ミックス さや

カバードローイング 村上尚美


【プカプカブライアンズ プロフィール】

植野隆司が大学在籍時に、それまで弾いていたベースをギターに持ち替え、サークル内で作った人生初の3ピースバンドとしてスタート。

ニルヴァーナ、セバドーなどに影響を受ける。部室で録った2本組のカセット作品を、大学から最も近かったレコード屋、モダーンミュージックに持ち込み店に置いてもらい、店主の池悦住さんに植野のがなる歌唱を誉められる。PSFレーベルのTokyo Flash Back vol.4というコンピレーションに参加。

ベースの脱退を期に、さやがベーシストとして加入。1993年あたりに、カセット作品をレコーディングし制作。ドラマーが大学卒業を期に故郷に帰り、メンバーは植野とさやの二人となる。アメリカのインディレーベルやミュージシャン、国内のインディレーベルやミュージシャンのあり方を知り、majikick recordsを立ち上げ、1995年初CD (1st アルバムと呼んでいます)『PukaPuka Brians』をリリースした。