NOTES

biobiopatata

biobiopatata
HR-00-01
Format
44.1kHz/16bit
Label
Hikiwari Record
Release
2014-05-04
Price in
*approximately. Confirm original price in JPY.
You need to sign up before download / purchasing items.
フリーDL/音源購入には会員登録が必要です。
STREAM
BUY
[ WAV / MP3 ]
All Tracks
  • ¥400
  • $3.79*
  • €3.23*

TRACKS

1 Mouse Waltz
ネズミのワルツ
00:04:30
2 Yoisho Yoisho
ヨイショヨイショ
00:03:49
3 Tango Blues of Walking Elephant
歩く象のタンゴブルース
00:02:14
4 Cheer Mantle Theme
応援マントのテーマ
00:02:03
5 Topology
Topology
00:01:22

biobiopatata is unique forming brassband which is consist of flute, oboe, Sax, Accordion, Cello, Tuba, sometimes Contrabass.

In 2012, they were formed by Satomi Endo and mainly women players in Tokyo, and they have released 2 albums, LP, cassettes with changing some members. They also collaborate with other musicians. They based on Tango, Pops, Jazz, Classic and Contemporary music, and Japanese Chin-don. Their sound is so beautiful, charming, and also unique and so friendly.


This work is 1st mini album in 2014 and have 5 tracks including ‘Yosho Yoisho’, ‘Mouse Waltz’ which was played at the closing event ‘THE LAST BAUS’ of Kichijoji Baus Theater.


Recording Members:Satomi Endo (Acc, S.Sax), Tencomatsuri (Acc, Ob), Yuka Honda (Fl), Natsuko Hara (As), Yuki Sugawara (Cello), Toru Hayashi (Tuba)


biobiopatataはフルート、オーボエ、サックス、アコーディオン、チェロ、チューバ、時にコントラバスからなる特殊編成の女性をメインにした吹奏楽バンド。2012年の結成後、東京都内を中心に活動、メンバーチェンジもしながら、フルアルバム2枚、LP、カセットテープのリリースをしている。他アーティストとのコラボレーションも多数。タンゴやポップス、ジャズ、クラシック、現代音楽等をベースにした美しさと、日本のチンドンの流れを組む遠藤を中心とした演奏は、美しくチャーミングでありながらも、独特のテイストを持ち、親しみやすさがあります。


これは、2014年リリースの1stミニアルバム。かつて吉祥寺に存在した映画館 "バウスシアター" の閉館イベント「THE LAST BAUS」に使用され、実際に劇場で録音した 「ヨイショヨイショ」、「ネズミのワルツ」を含んだ5曲入りです。


録音メンバー:遠藤里美 (Acc, S.Sax)、てんこまつり(Acc, Ob) 、ホンダユカ(Fl)、ハラナツコ (As)、菅原雄大 (Cello)、林享(Tuba)


【YouTube】【予告】The Last Baus ~さよならバウスシアター、最後の宴~