NOTES

Pot

Nana Horisaki
HRP-01
Format
44.1kHz/16bit
Label
haptic perception (via nagoya)
Release
2019-06-30
Price in
*approximately. Confirm original price in JPY.
You need to sign up before download / purchasing items.
フリーDL/音源購入には会員登録が必要です。
STREAM
BUY
[ WAV / MP3 ]
All Tracks
  • ¥880
  • $8.2*
  • €7.24*

TRACKS

1 face
00:02:05
2 annular
環状
00:03:29
3 danchi
ダンチ
00:04:42
4 the play is alone
あそびはひとり
00:04:37
5 to know
知っている
00:03:09
6 put an end
put an end
00:01:57
7 pot
00:03:08
8 distant code
遠くの記号
00:02:45

Nana Horisaki is Nova SSW from Nagoya. It feels like she has a solid belief while being laid back.

Especially, her guitar playing, accompanied by a good melody that is often sung, sometimes with unique chordwork and harmony to lead the song in an unexpected direction, and beautiful. I am paying attention to where her sense developed through self-study is heading.


Guest: Akihiro Sugiyama, Tsutomu Motoyama, Takumi Yokoyama Recording & Mastering: Akihiro Sugiyama Artwork: Ryo Adachi


名古屋の新星SSW。飄々としつつ、しっかりした信念を持っているように感じられる。特筆すべきは、彼女のギター演奏で、とつとつと歌われるグッドメロディの伴奏として、時に独特のコードワークとハーモニーで曲を意外な方向へと導き、かつ、美しい。独学で培われたそのセンスの向かう先に注目です。


ーーー


大学在学時はバンドの中で演奏していたが、2013年にその活動を終了。

卒業後しばらく経った2015年夏、堀嵜菜那の身に、1週間で2つの出来事が起こり、それによってもう1つの大きな出来事が起こった。

まず、大学時代の友人、永見恵利に「弾き語り部」に誘われた。それは、ソロで音楽をやった事のない会員達が月に1度集まり、曲を発表し、批評し合う小さな勉強会だった。

次に、当時頻繁にライブを観に行っていた名古屋のライブスペース、KDハポンから、なぜか急にライブ出演の打診があった。

そして、一人で音楽活動を再開してみる事にした。在学時に音楽に関して自尊心を失いかけてしまっていた経験から、全てをあきらめて、「ギターを弾いて歌う人はたくさんいるから、その中にこういう人が一人くらいいてもいいだろう」という考えで。


歌っている自分の中身を出していくのがいわゆる「弾き語り」だったとしたら、彼女が2019年に発表した『壺』は、そういうものでは無さそうです。ギターと歌なのに、不思議なことに、人間とロボットの中間にある音楽のようにも聴こえます。

しかも、人間がロボットに向かうというよりは、ロボットが人間に向かっているような、隠された貪欲さを聴き取る事も出来ます。


ゲスト:杉山明弘、元山ツトム、横山匠 ミックス・マスタリング:杉山明弘 アートワーク:足立涼